PR
トップ  >  応用編 1  >  XOOPSテーマを UTF-8 から EUC-JPへ変換

文字コード変換ツール




管理人は、
文字コード判定&変換ツール.NET   を使っています。

このソフトもVector(ベクター)という、デジタルコンテンツの

流通を行うサイトから、ダウンロードします。

詳しくは、はじめてベクターを利用される方へをお読みください! 






文字コード判定&変換ツール.NET  
の詳細ページへ





ダウンロードページへ進み、ダウンロードボタンをクリックすると、

下画像の様になります。







数秒かかる時もありますが、下画像のようになりましたら、


保存を、クリックします。






次に、保存先を、指定します。

新しいフォルダの作成ボタンでフォルダを作成して

自分用に整理するのも良いでしょう。










ダウンロードしたファイルをデスクトップに解凍します。

詳しくは、前項
FFFTP を入手するをご覧下さい。









デスクトップの NonCodeNet フォルダを開きます(ダブルクリック)




Readme を読むと使い方が分かります。









ソフトを起動します。

下画像の作者のページやマニュアルを読んで使い方や他のソフトを

確認しましょう。


作者ホームページは、NonSoft  です。


このサイトでの目的は、OCEAN-NET さんの配布しているテーマの文字コード


UTF-8になっているのが、分かっていますが、分からない場合でも、


自動判別してくれます。










作者のページやマニュアルを、確認したら、
OCEAN-NET さんの



ダウンロードページを開きます。気に入ったテーマをクリックして



下画像の赤丸を、クリックしダウンロードします。







EUC-JPへ変換したいファイルを選択します。


ファイル参照をクリックして、theme.html を選択します。


最後に、開くをクリックして、決定します。









1.の赤丸、入力したテーマファイルが UTF-8 になっています。確認!



2.の赤丸、出力先を決めます。この場合デスクトップに出力されます。


3.の赤丸、出力先の文字コードを、EUC に、します。



最後に出力をクリックします。









デスクトップに表示されたら、デスクトップ上で右クリックをして


新規作成→フォルダとクリックして、新しいフォルダを作ります。








新しいフォルダを右クリックして、名前を変更、をクリックして


EUC theme (自分で選別しやすい名前)とします。







EUC themeを開きデスクトップのsimple_line3 をコピーして張り付ける。


simple_line3を開きtheme.html を削除して、



先程作った、EUC のtheme.htmlを、移動する。



ffftpを起動して、themeフォルダにアップロードすれば、OKです。







ホームページでのテーマの選択方法は、前項の


フィードの発信と テーマの追加へ  で確認してください。


 


 




ダウンロードしたら、デスクトップに解凍します。




ここでは、simple_line3 をダウンロードして、展開しました。



 
プリンタ用画面
カテゴリートップ
応用編 1
次
ホームページアドレスを短く見せる。

メインメニュー

検索

PR