PR
トップ  >  XOOPS X (ten)の設定しましょう  >  XOOPS Cube を設定しましょう  >  ブロックのインストール



ブロックのインストール


ブロックのインストールの方法です。モジュールごとにブロックがあります。




いろいろ試してみましょう、後から自由に、何回でも、編集できます。





赤丸を、どちらかを、クリックします。









例として、人気の写真・動画・メディア(サムネイル付)を、インストールします。


赤丸をクリックします。









クリックすると、下画像が、表示されます。






1. タイトルは、自分で変えられます。


2. このブロックをどの位置に置くか決めます


3. たての列の他のブロックとの並び順 0 が一番上


4. どのモジュールに表示させたいか、を決めます。


5. 誰が見れるのか決めます。左の状態は登録者しか見れません。

Shift キーを押しながらゲストをクリックして反転(青く)させます。


6. 表示させるアイテムの個数を決めます


7. コンテンツのカテゴリを指定できます。


8. 7. を指定したときだけ、その下のカテゴリのアイテムを表示するか決めます。


9. 投稿した、写真や動画のブロックに表示する時のタイトルの文字数





上画像の続きです。





10. ブロックに縦の列を何列つくるか決めます。


11. このブロックを表示した時に、地図を表示するかを決めます。


A. 緯度・経度が、分かれば、ここに記入します。B に、住所を記入して


  下の 緯度・経度を取得する ボタンをクリックすると、A に記入されます。



  地図のマーカーを移動して、場所を決めて、 下の 緯度・経度を取得する


 ボタンをクリックすると、A に記入されます。



  ズームの数値で、地図の表示場所の拡大、縮小します。



  決まったら、インストール ボタンをクリックする。











ブロックの管理に戻ります。表示されているのを確認してホームページに


移動します。


 


 





自分の設定にしたように、表示されればOKです。






後から自由に、何回でも、編集できます。



カスタムブロック追加は、モジュール関係なくブロックだけを追加します。


編集の仕方は、上記と変わりありません。














 

プリンタ用画面
前
ブロックの設定
カテゴリートップ
XOOPS Cube を設定しましょう
次
カスタムブロック追加

メインメニュー

検索

PR