PR

 


XOOPSのインストール


 


イントロダクション(赤丸)から、インストールウィザードを開始します。


イントロダクション(赤丸)をクリックします。



 赤丸をクリックします。


 


 


 赤丸をクリックします。



次に、下画像が出ます。


 


データベース、およびパス・URLの設定をします。


 


登録完了のメールにある  ユーザー専用ページ  へ ログインします。




WEBツール → データベース をクリックします
。 



 


 先ほど設定した、データベースが表示されます。


 


 


 


下画像の同じ番号を、記入します。 


コピー 貼り付け(キーボードで、ctriを押しながら V を押す )でもよい。


最後に確認の赤丸をクリックします。


 


 設定の保存をする


 


 赤丸のチェックが赤色の × になった時は、エラーがあります。


解決しない時は、XOOPSをアップロードします。 からやり直してください


以後、エラーが無ければ、下の赤丸をクリック


 


 


XOOPS_TRUST_PATH のアクセス権チェック


エラーが無ければ、赤丸をクリック


 


 パス・URLのチェック


エラーが無ければ、赤丸をクリック  



 データベース設定の確認


ユーザー専用ページのデータベースで確認し 赤丸をクリック


 


 データベースをチェック エラーが無ければ、下の赤丸をクリック 



 データベーステーブル作成 


エラーが無ければ、サイト管理者についての設定へ


 


 サイト管理者についての設定 


書いたら、赤丸をクリック


 


 データの生成


エラーが無ければ、下の赤丸をクリック


 


XOOPS Cubeのインストールの第1ステップが完了しました。


第2ステップを実行します。赤丸をクリック



サイト管理者についての設定で、設定した。ニックネームとパスワードを入力する。


入力したらログインをクリック


 


 


基本のモジュールの導入 


赤丸をクリックするだけ、です。 


 


 


install ディレクトリを削除の画面がでます。


 install ディレクトリが残っています。悪意のある攻撃者がこのインストールウィザードにアクセスできないようにする為に、このディレクトリを削除してください。


 


install ディレクトリ、 下画像の 反転(青くなってる) している installフォルダ を


削除してください、ということです。


 


 


 


 




 削除したら再読み込みします。


 



 


基本のサイトが出来ました。


 


 


 次は、管理画面の中に入ります。


管理メニュー をクリック!


 

プリンタ用画面
前
日本語の設定をしましょう。
カテゴリートップ
XOOPS Cube を設定しましょう
次
管理メニュー の中を設定

メインメニュー

検索

PR