Lotoくじで余りを表示する

このエントリーをはてなブックマークに追加




画像をクリックすると、大きくなります。

Lotoくじを好きな方は、たぶん自分で表やグラフを

作成したりしていると思います。

色々な計算をして出た数字を

43、37、31で割ってみたりする時に、

余りが、簡単に出れば早いのに、

と思ったときに、使ってみてください。

とりあえず、ミニロトで試してみます。

openofficeで試してみます。

表計算ドキュメントをひらきます。

1~31までの数字を記入します。

例としてあなたが考えた法則が

20xx年0y月0a日にミニロトが

1 2 3 4 5と出ました。

1週間後に20xx年0y月0b日にミニロトが

17 18 19 20 21 と出ました。

もしかすると、前回の数字に+16をしたら

あたるんじゃないか?と考えました。

そこで、1の位置(画像でいうと下に)をクリックして

下画像様にしたら赤丸をクリックして関数を挿入します。

 

下画像の様になったら、1をクリックしてください。

 

1をクリックした画像です。

1の位置の下に+16と記入します。

次にEnter キーを押します。

下画像の様に17が出ればOKです。

次に、下画像の赤丸の黒い■を引っ張って

31の所まで移動します。

下画像の様に数字が出ればOKです。

全部+16になっているか確認しましょう。



次に、16の所から31を超えています。

1の位置の17の下をクリックして、関数を挿入します。

上の=をクリックして下画像の様になったら

赤丸をクリックします。(関数ウィザード)

 

関数ウィザードが出現したら、MOD を選んでください。

つぎにOKをクリックします。

下画像の赤丸のところは、割りたい数字をクリックします。

緑の丸は、ミニロトなので、31が上限です。

ロト6なら43です。OKをクリックします。

 

1の位置の下に、17が2個出ていればOKです。

次に、黒い■を引っ張って、31の所まで移動します。

下画像の様になっていれば成功です。

31の所は、余りがないので、0に、なります。

以上です、色々な法則を作って試してください。